2019
Jul 19
(Fri)

「逢わせ屋本舗」



6月7日頃始まった梅雨がまだ明けない。
その翌日6月8日土曜の夜、茅ヶ崎市立西浜小中の同級生、三橋真一(みつはししんいち)と誘い合わせてやはり同級生の野口大視(のぐちひろみ)を連れ出した。
私は20年ぶり。三橋真一こと真坊は40年ぶり。話は弾むと予測はしていたが、私、真坊、野口の男3人肩を叩き合って目をしばたたかせるだけでは、面白くないわけで。
三橋薫(みつはしかおる)を呼ぶことにした。
私は薫とは小中ばかりか高校まで一緒で男女というよりむしろ兄弟姉妹のような感覚の仲なんだけど、野口にしてみるとれっきとした初恋の人。
中央林間から薫がやって来て「逢わせ屋本舗」は見事に成功したが、その暁には野口の全カツラを彼女の前で力づくでも剥ごうと企んでいた私と真坊。
できませんでした。
聞けば10年ほど前に「第4期咽頭癌」から生還したという野口。その野口が薫がトイレに立った隙に、
「カツラは抗がん剤の後遺症なんだ。薫ちゃんにはバラさないでくれ」
すっかり老眼が進んだ薫には気づかれないことをいい事に、酔ってるとはいえ、そう涙目で訴えるじゃありませんか。
ったくもう。この梅雨空に相応しくうっとうしい言い訳だ。
しかし。
この歳になって初恋の人に再会できるなんて、ふん、なんと幸せなヤツだ。私だってボケる前に会っておきたい。

「逢わせ屋本舗」
それが今年の梅雨入りして間もなくの出来事だった。

2019.7.19 Kiyoshi Nishinomiya