2019
Jul 26
(Fri)

「地元の友達/高木哲也(たかぎてつや)」


私、ヘビメタのギタリストになりたくて去年の秋から「ヤマハ音楽教室茅ヶ崎校エレキギター科」に通っている。
これがどうやら最終学歴になりそうだ。
そうした折、最近になって飯田雄司、小中高の同級生で魚料理屋「漁や」の大将から北陵高校の同級生「高木哲也」がヤマハ音楽教室のギター講師をしていると聞いた。
ヤマハのHPを見れば、紹介文、出ていた。「高木哲也/ギター担当。スタジオギタリストとしてアーティストらの編曲も行う」
顔も出ていた。高校時代の面影はあるが、やはり「センセイ」っぽい。
先日、レッスンに行った時、私の担当講師に問えば、
「いますよ。大変評判のいい先生で、講師同士の見学会では全国から新幹線に乗って、飛行機に乗って、若手のヤマハ講師が集まるほどです」
へぇー。
高木哲也は高校時代ブラスバンド部でチューバかなんかの管楽器だったような記憶。そして卓球部の奥田博子さんに恋していたような記憶。
今度、ヤマハ講師に紛れて高木哲也の教室に出かけてみよう。
「チューバも奥田博子さんも、ものにできなかったじゃん」
そういう野次を飛ばすつもりだ。
40数年前の過去を聞き、レッスン中、我が耳を疑いながらヤマハの大講師がうろたえる姿。
こいつは面白いに決まっている。

2019.7.26 Kiyoshi Nishinomiya