2019
Feb 12
(The)

驚いた!


私だって去年からスイミング・スクールに通っている。孫も通っている。
NASスポーツクラブ茅ヶ崎。一年かかってようやく1000mクロールで泳ぐことができた。プールでは老若男女、日本競泳界の話題で持ちきりとなる。
だから本当に驚いた。
スマホのアプリ。「NHKニュース速報」。そこから先ほど14時19分発のニュースが届いた。
あの池江璃花子選手、18歳にして去年のアジア大会のMVP、東京オリンピックの期待の星、その方が、恐ろしや、白血病にかかっているんだってさぁ。そりゃもう大騒ぎ。

私だったらうろたえます。
「私、なんか悪いことした?神様、仏様。えっ!?悪いことしている人、世の中にたくさんいるじゃないのよ。私、バチ当たりってこと?あんまりじゃありませんか。」
水泳連盟の記者会見では関係者さんが嘆いてました。
「池江抜きでは、リレーなんですが、厳しい」
あのさ。競技よりも命の方を心配なさらないんですかねぇ、ああいう方たちは。

白血病。JGE(ジャパン・ガス・エナジー)の弊社担当の二見さんだって患ったがビタミンBで治ったって言ってました。今ではけっして不治の病でないとは明明白白。だけど夏目雅子と本田美奈子とアンディ・フグはいけなかった。渡辺謙は助かった。
白血病といっても一枚看板の病気じゃないんですぜ。急性やら慢性やら骨髄性やらリンパ性やら。
信濃町の慶應大学付属病院で治療するんだろうか。あすこだったらいい。信頼できる。
だが、驚いた。

2019.2.12 Kiyoshi Nishinomiya

2019
Feb 01
(Fri)

尾崎さん情報、もとい。


我らがニシノミヤ・ストリートのテニスプレーヤーの尾崎さん、2018年茅ヶ崎選手権の優勝者の尾崎憲吾さん、今年はすでに「2019年関東選手権」の出場枠を手にされていると先日案内したが、あれは誤り。「関東選手権」ではなく「神奈川選手権」が正解。
当の尾崎さんからの一報が届いた。
「関東ではないっす。そんなにレベル高くないです」
「茅ケ崎」の次は「神奈川」。その次が「関東」。なるほど。当たり前といえば当たり前。
私、息子が「茅ヶ崎高校」から「関東学院」に行ったんで、「茅ヶ崎」の次は「関東」だと早とちりしてました。
とはあれ、ダブルスは一般、シングルスは年代別出場。
「去年みたいにボコボコにされないように頑張ります(笑)」
そう謙遜されているが、
「なんとラッキーなことに会場はいつも練習している茅ヶ崎のコート!!」。ですと。
内心、相当力んでいるにちがいない。
大会は2月23日から始まる。

2019.2.01 Kiyoshi Nishinomiya