2011
Jul 27
(Web)

茅ケ崎の海辺の知人から


 先日、もうかれこれ40年ほど付き合いのある70歳半ばの漁師さんから相談があった。
 「この歳になって怖いもんはもう何にもないんだけどね、津波で家が流されてしまっては、息子らが困る」
 海辺の漁師屋が自宅。
 茅ケ崎海岸の砂浜にある。波打ち際から150メートルぐらいのところ。海抜ゼロメートル。
 「引っ越そうと思ってんの。でも、ここは売るに売れない。ほかに買ってくれる人はいないだべさ」
 震災以後、海岸沿いの人たちが北へ北へと移動していることは、この頃、聞いていた。
 「そんでね、西ノ宮さん、」
 漁師さんから二の句がするりと出た。
 「お宅の空いている土地と、取り替えてくれないだべか」
 呼び出しがあった時から予測はしていた。的を得ていた。思わず、うなずこうとした。
 先代から引き継いだ自宅は立派にあるが、初めての思いだった。自分の好みの家を建てて住んでみたいと。潮と波と風だけの環境。庭はいらない。目の前が海だから。こんな場所で朝目覚めたら。地引網を手伝って、頑張った分だけ魚をもらい、冷蔵庫にしまう。仕事から戻ると自ら調理し、そうだ、日没までには戻ろう。サカナを作り、夕陽を眺めながらビールを飲もう。波音を聞きながら風呂に入ろう。夜、好きな音楽を聴き、好きな本を読み、好きな人にメールを書き。9時には寝てしまおう。明日の朝はまた地引網があるから。
 しかし、浮かんだ家内の顔が、こう言っていた。古今東西、どこのかみさんもこれが最後のおどし文句。
 「なにをばかなことを考えているの。離婚してからにしてちょうだい」
  答えを待つ漁師さんに、時間稼ぎの返事をした。
 「年内まで、年内いっぱいまでに、この12月までにもう一度お目にかかりましょう」
 「いいさ、大地震は年内にはこないだべさ」
 8月9月10月11月12月。この5ヶ月間で真っ向勝負にでるか、それとも東京スカイツリー級の建築商談を成立させ、「でかした亭主。なんでも好きにして」と言わしめるか、ふたつにひとつ。これからの力量が試される。

  

2011.7.27 Kiyoshi Nishinomiya

2011
Jul 21
(Thu)

ノーマンロックウェル・ハウス


 何年か前、「家」にキャラクターマーチャンダイジングを行ったことがあった。古き良き時代のアーリーアメリカン建築様式にふさわしくクラシックアメリカンブランドをミックスさせようと試みた。
 最初にアタックしたのがCoca-Cola。「コカコーラ・アメリカンクラシックハウス」。こんな家があったらさぞかし気分いいだろうと。アトランタ本社ではうけた。アジア・パシフィック部門でもうけた。ところが日本コカコーラがNGを出した。当時、日本では姉歯構造改ざん問題が社会現象の真っただ中。「家」と「車」にライセンスをおろしてはコカ・コーラ本体も危ういのです。おかげで刑事事件に巻き込まれたら大変とアトランタ本社に日本から通達をすることができました。とは当時の担当の春日美佐子(かすがみさこ)さんの弁。
 しからば、Campbell’sキャンベル。今度は間違っちゃいけない。日本キャンベルから攻略。「いいです。Okです。日本はコラボOK」。ところがニュージャージー本社がNGを出した。
 うまくいきませんねぇ。
 だめもとで、ノーマンロックウェルの長男のポール氏にmailを出してみた。意外や意外、2ヶ月後にはWellcomeの返事。日本の代理店を通じてライセンス許諾契約が行われた。
  それでも紆余曲折、暗中模索、五里霧中。何百という構成素材で作られる家に、イメージ的にせよ付加価値をつけるのは大変な作業を伴った。というより、建材の本質からブランド化することは、各建材メーカーと長期に渡る計画も必要だった。ライセンス料、建材特殊開発費。建築コストがさがることはない。
 後日、Disneyディズニーと会食した際にあちら側から出たリクエスト。「ディズニー・ハウスというものを出す予定がありましたら、Disneyのロゴの入ったクギから作っていただけませんか」
 「家」にキャラクターマーチャンダイジング。難しゅうございました。途中で断念。
 現在ではフィジカルに「ニシノミヤハウス」。今の私にはこれがちょうどいい。

2011.7.21 Kiyoshi Nishinomiya

2011
Jul 08
(Fri)

1967年のアイアンチョッパー


 

 私は1967年のハーレーダビッドソン・スポーツスターをベースしたチョッパーに乗っている。エンジンが鉄でできているので、この手はアイアンチョッパーの愛称。かなりいかしているが、めったに乗らない。いや、乗れない。
  バイクの免許をとったのが50歳の誕生日を過ぎてから。当然若いころからそうしたかったが、周囲の反対意見を尊重していた。
 でも、もういい頃だろうと、こっそり京急自動車学校へ通い大型自動二輪免許を取得。この頃書く最終学歴の欄は京急自動車学校茅ケ崎校卒。
 こっそり免許を取ったのだから、こっそりバイクを買う。最初は2006年式のハーレー。プルプル、シュ、ポーン。いともたやすくかかるエンジン。乗りごこちは、おやっ、なんだかスクーターみたいじゃないか。そこで、このたびのアイアンチョッパーに。
 キックがけ。チョッパー。リジッドフレーム。3拍子揃ったハーレーダビッドソン。どこから見てもハードボイルドな一台。
 しかし、キックでエンジンをかけるのが一苦労なのです。苦労で、苦労で。汗だくになってもまだかからない。天才エンジニアの落合さんに何度かみてもらったんだけれども、「別に異常ないっすよ」
 乗り手のテクニックだとか、脚力だとか、気力だとか、意志だとか、そういう問題らしい。
 しかたなく、ただいま基礎体力づくり。
 こっそりバイクを買っても、家にはこっそりとは帰れず。当時考えましたなぁ、戦略的に。どうしたら乗って帰れるか。
 しばらくヘルメットをかぶって車で帰りました。何度か繰り返して、ヘルメット姿が板についたころ、バイクに乗って帰りました。相当効果的でした。

2011.7.08 Kiyoshi Nishinomiya

2011
Jun 28
(The)

坂本冬美のカヴァー・アルバムはいいぞ


 
  まだ梅雨も半ば。そうした中で、坂本冬美が、その透明感のある歌唱で日本の名曲をカヴァーしたアルバム。これはいいです。あの日にかえりたい、夏をあきらめて、なごり雪、さよなら、クリスマスイブ、などなど。   
  特に、「さよならさよならさよならぁぁ もうすぐ外は白い冬 愛したのはたしかに君だけ」と、熱唱するくだりが、いい。ビブラートに残された余韻は、宇治茶でしっかり甘さを整えられた氷あずき。渋く、甘く、せつない。メイド・イン・ジャパンのうまみが濃縮。思わず、ぞくっとさせられます。
  J・POPSだからと、ややひかえめのコブシではあるけれど、坂本冬美のひたむきな決意、小田和正への気づかい、猪俣公章への追悼、ビリーバンバンへの親愛、忌野清志郎の影、そんなもんがギュッとつまってます。
  この蒸し暑い梅雨明け前の夏に聴いたから、まだよろしかった。こんなの冬の初めにでも聞いてごらんなさいな。ぶるっときて風邪ひきます。
  坂本冬美さん、まだ独身でいらっしゃる?こういう方がまだ独身でいらっしゃるとは、私、人生の励みになりますねぇ。

2011.6.28 Kiyoshi Nishinomiya

2011
Jun 24
(Fri)

ハードボイルドな運転席


          

私の携帯は今年の2月からBlackBerry(ブラックベリー)。ドコモのスマートフォン。アップルのiphonもチラッと頭をよぎったが、Blackberry。そのネーミングであっさり決めた。

いいですね、ブラックベリー。黒い苺(いちご)。ディズニーの魔法使いの美女をだます小道具のようでもあり、1929年アメリカで始まった世界恐慌時のギャング用語のようでもあり。スマートフォンとしての機能はさておき、そのハードボイルドな名前がたまらなくいい。ホワイトベリー、レッドベリー、ましてやブルーベリーとかいうネーミングでしたら、選択肢にもはいりませんでしたなぁ。

待ち受け画面はオリジナルで作りました、Adobeのフォトショップ5.0で。もう15年以上も前のバージョンになりますか。しかし、私にとってはこれすら使いこなせません。これで充分。

いわくつきの1961年のフォード・ピックアップ、3年前に目をつけ2年前に購入したんだけれどいわく疑惑がついたまま、この車の転席の写真をベースに、ひび割れたガラス窓、1920年代後半の黒塗りのセダンを重ね合わせた待ち受け画面。

舞台は1930年代半ば。アメリカ・ニュージャージーの片田舎の路上。私はこの暑い夏をどうにかこうにかやり過ごしてきたというのに、私立探偵をしているというだけで追われてしまった。禁酒法をかいくぐりボロい商売をしているヤツらから。走り迫ってくる車から私の車にピストルが向けられ、弾丸はとうとうフロントグラスを突き破ってきた。逃げ場はもはやない。さて、これからどう戦う?時間があればタバコに一服つけたいところだが。あいにくと今日の持ち合わせはラッキーストライク。なんとも皮肉な名前のタバコじゃないか。

そんな待ち受け画面がただいま私の携帯電話です。

2011.6.24 Kiyoshi Nishinomiya