2012
Oct 03
(Web)

パタゴニアから返事


 パタゴニア日本支社から返事が来た。
 「建設会社からの問い合わせは初めてです。一度考えをお聞かせください」
 パタゴニアといえば自然保護をモットーとするアウトドアアパレルメーカー。サーフショップや登山用品ショップでの取引はあった。それも日本上陸草創期のこと。もう20年以上も前のこと。今では直営店舗が全国に散らばっている。
 困った。「かくかくしかじか、弊社は自然環境保護の観点からこうして家を建築しているのですよ」などという理念は語れない。畑を宅地化し、伐採された木材で家を建てているのだから、パタゴニアからすれば反逆者だ。私は単純にパタゴニアのウェアが好きで、弊社モデルハウスで販売できたらさぞかし楽しいだろうと思っているにすぎない。
 「パタゴニア製品と建設業がどう融合するのですか?」と問い詰められたら、どう平然と答えよう。
 「よい住宅は100年はもちます。2度建てなければならないところを1度で済ます。自然破壊の速度も弱まるはずじゃありませんか」
 これだ。われながらなかなか優れた模範回答だ。
 「世界各国の住宅建設業者がパタゴニアを着てごらんなさいな。どれほどの市場が掘り起こせるか」
 あっ。これもなかなかの模範回答だ。

2012.10.03 Kiyoshi Nishinomiya

2012
Oct 02
(The)

パタゴニア


 

 モデルハウスのショップ棟で何を販売したらいいのか。まだまだ模索中。
 アメリカ建築様式を得意技と自負しているだけに、できるならそういう相乗効果を念頭に置きたい。
 私、パタゴニアのウェアが大好きである。普段着にしても仕事着にしても。この10月には社内旅行もあり、ワークパンツをひとつ買った。動きやすい、働きやすい、いいぞ、労働意欲が一層増す。
 そこでパタゴニア日本支社、鎌倉にあるから近いんだけれど、mailを出してみた。有名ブランドメーカーはこぞって直営・直販システムをとり始めている時代に電話ではとてもとても問合せにくい。
 「貴社の製品を取り扱いたいんですが」、いや 「販売取扱店の立候補をしたいのですが」、もとい「立候補をさせていただけるのでありましょうか?」
 やはり、天下のパタゴニア。返事はまだない。

2012.10.02 Kiyoshi Nishinomiya

2012
Oct 01
(Mon)

そういえば、連絡がない。


 そういえば、落合氏からは連絡がない。天才エンジニアの落合氏。私のバイクを取りに来たのが去年の暮れも押し迫った12月29日の夜。ひょっこり現れバンにバイクを積むと、闇にまぎれて夜逃げのような素早さで帰って行った。
 この春、夏。何日かのバイク日和もあったが、まだ私のバイクは落合氏のガレージの中。エンジンをスワッピングするややこしい作業。時間がかかることはあらかじめ覚悟していた。
 10月に入った。今年も3ヶ月足らずとなった。今年中に落合氏はやってくるのだろうか。
 年をまたいだとしても私の台詞は決めてある。
 「いい仕上がりですねぇ」
 期日の催促なし。それが落合氏との暗黙のルール。
 「まあ、こんなところでひた。おやふい御用でひた。また、よろひく」
 前歯が欠けた落合氏はしゃべる時、ふぁふぁと空気を漏らす。
 天才エンジニアの落合氏との付き合い。こちらも凡人であってはいけない。

2012.10.01 Kiyoshi Nishinomiya

2012
Sep 25
(The)

L.L.Bean秋カタログ


 彼岸になり秋風が吹いたとたん、L.L.Bean秋カタログが届いた。マーケティング部、戦略どおりのタイミング。その一方でモデルさんは相変わらず美しい。思わず目がとまる。おきれいですなぁ。装いがまた秋らしい。
 そうである。季節は女性のファッションでも感じ取れる。気温の変動よりもこっちの方が視覚的でわかりやすい。
 マーガレット・サッチャーは「人格は運命なり」と言った。良い人格は良い運命をもたらすんだそうだ。おぎゃあっと生まれた時に運命が定まっちゃいなかったんだねぇ。
 ならば私はL.L.Bean秋カタログに、「洋服は人格なり」とタイトルをつけましょう。また一段とモデルさんがおきれいに見えますこと。

2012.9.25 Kiyoshi Nishinomiya

2012
Sep 10
(Mon)

屋根が緑化


 去年薪ストーブを設置させていただいたお宅におじゃました。煙突の点検、屋根にのぼってみたら、そこには芝生が生えていた。見事に青々と。
 「隣りの芝は青く見える」という言葉があるが、ひがみ根性抜きにしてほんとうに健康な芝生が広がっていた。もちろん日当たりはいいんだけれども、日照り続きに欠かさなかった水やり。相当努力された結果。そこに突き出た薪ストーブの煙突がまた季節外れで浮いていた。

2012.9.10 Kiyoshi Nishinomiya