2014
Nov 21
(Fri)

鶴見区M様邸


 私はこの頃iPhone5に変えた。それまでBlackBerryを使っていたが、壊れた。世界的に旗色が悪くなってしまったスマホのパイオニア、日本から撤退してしまっていたので、修理もできなくなった。その際にはiPhoneにしようと思っていたいたんだけれども、店頭で見た今度のiPhone6、でかいですなあ。
 とまどっていると、iphone5が一台だけあるという。思わずそれにした。
 鶴見区のM様邸の新築工事が始まった。もめにもめたご夫婦の意見を統合したら広い延床面積。なかなかの大工事でさしもの細井ちゃんもおおわらわだ。
 気がつけばMさんの奥さまKさんもiPhone5。
 「大きいんです、6は。片手では操作できなくて、ようやく在庫の5を見つけたんです」
 「やはり、そうですか、6は両手でないとねえ、でも、」
 と言いかけて、次の台詞は言わずのままに。
 「今度の家は、Kさん、両手両足を使っても使いきれない広さですよ」

2014.11.21 Kiyoshi Nishinomiya

2014
Nov 11
(The)

2015年の年賀状


 カレンダーも残すところ、後2枚となった。
 この時分になるときまって田辺が口うるさくなる。
 「年賀状のデザイン、早くしてくださいよ。宛名書きで私はいつもおおわらわになるんですから」
 私は、いよいよ年があらたまろうとする時に作るのが一番いい。ケイケンな気持ちになる。それをクリスマスもまだ来ていないうちから、気持ちをカモフラージュし、偽りながら考える。
 2015年版は、鉛筆削りのカスを素材に使った。

2014.11.11 Kiyoshi Nishinomiya

2014
Nov 10
(Mon)

H様邸の工事が着々と


 H様邸の工事が着々と進んでいる。ただいま外壁を貼っている真っ最中。
 弊社ではおなじみの東レのラップサイディング。東レの方だって弊社はおなじみのはず。2年連続東レのラップサイディングコンテストに入賞。こうなると主催者側から、今年もコンテスト参加してくださいな、とお誘いがある。
 さて、H様邸。いいお宅になりましたなぁ。魅力的なお顔ですこと。お引き渡しは、来年の2月。もう少しお待ちくださいまし。

2014.11.10 Kiyoshi Nishinomiya

2014
Oct 17
(Fri)

H様邸はヴィクトリアン様式


 H様邸の工程も半ばにさしかかってきた。
 多角形の部屋のある家、これが特徴。建築様式でいえば、アメリカンヴィクトリアン様式。1920年代にアメリカで流行った様式だ。ほら、東京ディズニーランドの入口から入ってすぐにあるショッピングモール街、あのおしゃれな街並みはほとんどがアメリカンヴィクトリアン様式。
 Hさんご夫妻はそのことを知ってかは定かではないが、あれこれ迷った末に、ここにたどり着いた。
 仕上がりがなかなかの楽しみ。遮熱シートを覆った時点で、私には笑みが漏れてしまう。いい家ですなあ、手前味噌ではありますが。
 来年早々のお引っ越しの予定。 

2014.10.17 Kiyoshi Nishinomiya

2014
Oct 11
(Sat)

藤沢市の善行ハウス


 私、ここのところとても慌ただしかった。茅ケ崎市の矢畑・鶴嶺の開発工事、それと去年・今年とこの地区で発生した相続問題。建築士というよりは、あたかも不動産鑑定士だとかファイナンシャル・プランナーだとか税理士だとか、こうしたた職種のような日々だった。
 そうした中、着々と進行していた、「善行ハウス」というコードネームのお宅。
 おおっ、気がつけば。竣工したではないか。
 いいです、上々の出来映えです。施主のご夫婦からもお礼のメールもいただいたわけで。
 ソチオリンピックの頃ですよ、さかんにプランを考えていたのは。今年の2月の大雪の頃でした。
 早いものである。今日は10月も半ばにさしかかろうとしており。まだまだ慌ただしい日々。つづく。

2014.10.11 Kiyoshi Nishinomiya